QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
不屈のダイエッター
不屈のダイエッター
日本の闇に迫る不屈のダイエッター

2009年05月20日

新型インフルエンザは有色人種撲滅!?

どうやら、今回のインフルエンザ騒動は有色人種削減計画の一環かもしれません。


public health official said that the virus was “cultured in a laboratory”.

これの記事の見出しを訳すと
「公共健康センターの職員はインフルエンザは研究室で作られたと言った」
そうです。

ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏は以下のように述べている。

≪メキシコで発生した新型インフルエンザは生物兵器のようだ。
イギリス当局によると先週メキシコで発生した新型インフルエンザには、
鳥インフルエンザ、A型インフレンザ、B型インフルエンザ、それからヨーロッパ、アメリカの
豚の遺伝が混入されているようだ。
このようなものが突然変異でできる可能性は0.01%以下である。この生物兵器によって
億単位の死亡者が出るという推測が既に出ている。
また米国の生物兵器研究者40人が2005年以降怪死している。更に米国の生物兵器研究所から、
生物兵器が行方不明になったことが軍によって発表された。≫
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/

04/30/2009
新型インフルエンザは思うようなパニックにならない

米国のハイレベル生物兵器専門家からの情報によると、ブッシュ、クリントン組がばら撒いている新型インフルエンザ
(生物兵器)ではあまり死亡者が出ないそうだ。
この専門家は以前HIVの作成プロジェクトに直接参加したことがある。
彼によると、ブッシュ、クリントン組のナチ連中は1950年代からずっと
疫病で有色人種の大量虐殺を狙っていたが結局うまくいかなかった。
例えばHIVでアフリカを無人大陸にするつもりであったが、潜伏期間が長すぎたためにアフリカの
人口は思うように減らなかった。


今回のインフルエンザもどうやらユダヤの有色人種人口減少作戦かタミフル使って暴利を貪る輩がいる
様なにおいがします。
なぜ、日本のしかも神戸阪神地域にばら撒くのか?本当に許せません

  


Posted by 不屈のダイエッター at 02:23Comments(0)環境破壊

2009年05月18日

またも実験台にされる兵庫県


95年阪神大震災地震兵器疑惑に続き
またも、兵庫県が新型インフルエンザの標的にされています

新型インフル、国内2次感染21人に 神戸で新たに4人確認(日経)

新型インフルエンザの国内感染問題で、神戸市は17日、兵庫県立神戸高校(同市灘区)の生徒4人の感染を新たに確認したと発表した。市環境保健研究所が実施したPCR検査で陽性反応が出た。



一体誰が何の目的でアメリカ軍の新兵器の可能性がある
インフルエンザを兵庫県の高校に
ばらまいているのでしょうか?
  


Posted by 不屈のダイエッター at 17:38Comments(0)環境破壊

2009年04月01日

阪神大震災 地震兵器の謎

「本震は”双子地震” 地下破壊、1秒後に2度目
兵庫県南部地震の強い揺れは大小2回に分かれ、それぞれ別の断層の運動によって引き起こされた”双子地震”だった事が、
横浜市立大の菊池正幸教授の地震計ダータの分析で分かった。菊池教授は『淡路島で見つかった野島断層の動きだけでは
今回の地震は説明出来ない・・・

菊池教授は、同大学や米国、オーストラリア等の地震計が記録した兵庫県南部地震の波形を分析、本震を引き起こした地下の破壊が、二段階で起こった事を突き止めた。
初めの破壊は、約5秒間で、その約1秒後から約4分間、次の破壊が続いた。かかった力は共に東西の圧縮力で、破壊が進んだ方向も北東方向で同じだが、微妙に異なる。初めの破壊で出されたエネルギーの方が大きかった。

菊池教授によると、報告されている淡路島の断層の動きだけでは二番目の破壊を説明出来ず、明石海峡か兵庫県の瀬戸内海側で別の断層が動き、神戸市の直下で破壊が止まったと考えられた。菊池教授は『最大の余震は、破壊が止まった先端部で起こる事が多いし、しわ寄せを受けて別の断層が動く可能性もある。
海底での別の断層の調査等が必要だ』と話している」(「産経新聞」平成7年1月21日付)

「神戸は実験台にされた!
『おりしも』大阪では日米防災会議が開かれていた。つまり、地震等の防災の専門家が集結していたのだ。彼等は震災後直ぐに神戸入りし、その被害状況を詳しく調べている。そして、救援活動には一切関わる事なく、神戸を離れ、日本の建築の不備だけを指摘しているのである。
震源地に隣接する大阪で、地震発生まで『待機』していた彼等には、地震発生『予定』日がわかっていたのだろうか」
  


Posted by 不屈のダイエッター at 19:37Comments(0)環境破壊

2009年04月01日

石油は永久的に湧いてくる?

 米国科学アカデミーは2004年9月、実験室内で地球深部を再現し、無機物から炭化水素が容易に生成されたとする論文を発表。
また米国石油地質家協会(AAPG)は今年6月、「石油の起源」と題する研究会議を開催し、無機起源説を初めてテーマとして取り上げた。無機起源説は、確実に市民権を得つつあるようだ。

 もし無機起源説が正しいとすれば、石油はピークどころか地球内に無尽蔵に存在し、なお生成され続けていることになる。もちろん、その発見・採掘のための投資と技術の確立が大前提になるが、
これが世界各国の政治・経済・社会に与えるインパクトは計り知れない。人類はエネルギーに対する認識のコペルニクス的大転換を迫られることになるだろう。


文藝春秋編 日本の論点PLUS 石油資源は無尽蔵?


原油確認埋蔵量と可採年数の推移  


Posted by 不屈のダイエッター at 00:32Comments(0)環境破壊

2009年03月24日

トヨタのエコ買え!



トヨタの押し売り エコ買え!  


Posted by 不屈のダイエッター at 00:02Comments(0)環境破壊